記事の詳細

2020年6月に改正動物愛護法のマイクロチップの義務化が施行されますが、マイクロチップにはどんなメリットがあるのでしょうか?

マイクロチップには犬猫の所有者の情報が記録されていて、そのマイクロチップの装着を義務付ける事が改正動物愛護法が成立されたのです。

これは、ペットを安易に捨ててしまう事を防いだり、動物虐待への厳罰や生後56日以内の犬猫の販売を禁止を強化したり、災害時にペットが迷子になってしまった時に役立てたりするという目的があるのです。

マイクロチップは名前の通り小さなサイズの円筒状の電子標識器具であり、チップの中には15桁の番号と飼い主の名前、連絡先と動物の特徴、埋め込んだ日付と獣医師の連絡先などが入っているのです。

すでにペットを飼っている場合には、マイクロチップは努力義務になるそうです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る