記事の詳細

裁判で提出される証拠にはどんな物があって、使える証拠と使えない証拠にはどんな違いがあるのでしょうか?

民事と刑事で使える証拠が多少異なり、民事訴訟だとどんな物でも証拠として使えると言われていて、私的なメモや違法に集めた証拠も使えるのですが、許可もなく録音したテープは状況によって使える場合と使えない場合があるのだそうです。

しかし、相手を拉致監禁して発言を強要した場合には、録音テープを証拠として認められないという事なのです。

刑事訴訟では証拠能力が厳しく判断されていて、又聞きの伝聞証拠は証拠として認められないという事ですし、違法に収集された証拠は証拠として使えないのですが、証拠については例外もあるのだそうです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る