民法

  • 誰かが捨てたゴミを持って帰ったら、どんな罪になる?

    外に捨ててある他人が捨てたゴミをまだ使えるから勿体ないと持って帰った場合、どんな罪になるのでしょうか? 他人のゴミを持ち帰る行為は窃盗罪か占有離脱物横領罪に該当すると言われていて、窃盗罪はその人が支配している占有権を侵害した場合に該当して、占有離脱物横領罪は所有権を侵害した…

  • ネットの名誉毀損や脅迫、犯人は特定できるのか?

    SNSの普及により、多くの人がインターネットを使って発信できるようになりましたが、もしネットで知らない人から名誉毀損や嫌がらせをされた場合に、相手を特定する事はできるのでしょうか? 脅迫や嫌がらせの内容が書かれているインターネットサイトを運営している会社に問い合わせて、運営…

  • 民法の権利能力とは?

    民放の権利能力と意思能力とは、どういうものなのか知っていますか? 権利能力は誰もが当たり前に持っている義務や権利の主体となれる能力の事であり、例えば自分のために買い物に行って、お金を払い物を手に入れるという行為がこれに該当します。 胎児には権利能力はありませんが、生ま…

  • プライバシーの権利と表現の自由について

    誰しも表現の自由が保障されていますが、他に名誉権とプライバシー権についても知っておく事が大切ですよ。 人には自己実現の価値と自己統治の価値と思想の自由という3つの価値があり、表現の自由は大切だと考えられていますが、表現の自由によって人の権利を侵害した時には刑罰が科される事が…

  • インターネットショッピングでのトラブルについて

    インターネットショッピングでクーリングオフをすることが出来るのかというお問い合わせは多くあるようなのですが、業者による勧誘がなく消費者自らが購入の意思をもって注文をしますので、クーリングオフをすることが出来なくなっています。 そのため、返品を受け付けないことを明確にされてい…

  • 不動産のよくあるトラブル

    不動産でのもっとも多いご相談としては、賃貸物件をもっている家主さんが借主との間で抱えるトラブルが多いようです。例として家賃の滞納やそれに伴い退去の問題が多く発生しています。   また不動産の問題ですと隣地の所有者との境界をめぐるトラブルがもっとも多く不動産契約が途中で頓挫して…

  • 【民法総則】取得時効の存在理由

    時効制度というのは、時間の経過によって今まで存在していた権利が消滅したり、逆に今まで無かった権利を取得することです。 しかしどんな権利でも消滅してしまう訳ではなく、一定期間継続した事実状態があり、且つその事実に基づいて形成された法律関係については一定の法律上の保護が認められ、永…

  • 【民法】権利と義務

    私たちに身近な法律の一つ、民法について今回は解説していきます。 例えば本屋で本を購入するにもお客と本屋との間で売買契約が発生し、お客はお金をお店に支払う権利、本屋はお金を受け取ったら本を渡す権利がそれぞれに課せられます。 そして更に外で歩行者と自転車がぶつかってしまい、歩…

最近のコメント

    ページ上部へ戻る