記事の詳細

能力や適正に欠如、または勤務態度が著しく悪い場合には、解雇される可能性があります。
会社の就業規則には解雇事由として「職務に不適当な場合」と記載されている事が多いので、一度良く確認しておく事をおススメします。

この解雇事由に該当する為には、平均的な水準に達していないという理由だけでは不十分で著しく労働能率が劣っており、更にその改善が見られない場合でなければなりません。

裁判例でも今後指導を続けていく事で能力の向上が認められる場合には、解雇事由としても認められないというものがあります。
これは能力の向上だけでなく、勤務態度や適正に問題があるという場合にも当てはまりますので、より具体的な指導方針を決める必要があるのです。

指導者は指導や能力に合わせた仕事の分担を行い、解雇を避けられる様に努力する事が求められます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る