記事の詳細

アルバイトや正社員でも始めの数ヶ月は試用期間として働く事が多いと思いますが、試用期間中に企業側が従業員を気に入らないからといって簡単に本採用を拒否することは出来ません。
必ず本採用を拒否出来ないという訳でもありませんが、拒否する為には相当な理由が必要となります。

試用期間は人材が適正かどうかを確かめる為に本採用を控える制度で「お試し期間」という面が強く感じられますが、既に労働契約は成立していますから、基本的に試用期間が終われば本採用へと移行されていきます。

確かに試用期間中ですと通常の解雇よりは解雇はしやすいですが、決して簡単ではありません。
解雇理由として認められる可能性があるものは、例えば著しく勤務態度が悪かったり、能力が低すぎる場合、更に犯罪行為や入社選考時に虚偽申告をしていた場合となります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る