記事の詳細

刑事弁護を依頼する時には、私選弁護人が選任されるのが一般的です。
しかし弁護士への報酬が支払えないほどの貧困であったり、その他様々な理由で私選弁護人が呼べない場合、更に自ら進んで希望する場合は、国選弁護人を選任することができます。
そしてもちろん、私選弁護人と国選弁護人にはそれぞれの特徴があります。

まず私選弁護人は自分の選んだ信用出来る弁護士に依頼出来る為、合う、合わないという事が無いのもメリットの一つですが、最大のメリットが逮捕または拘留された直後から選任する事が出来ると言う点です。
選任が早い事で弁護士も早くから依頼人を救う為の弁護活動を行なってもらえ、起訴される前ならば起訴されずに身柄を解放してもらえる可能性も高まります。

一方で国選弁護人は費用はかかる事はありませんが、一定の重罪を除き、原則として起訴後にしかついてもらう事が出来ません。
また痴漢行為や在宅事件など、一部の事件については国選弁護人が選任されない事もあるので注意が必要です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る