記事の詳細

知らない人から危害を加えられそうになって、自分自身を守るために攻撃し返したという事があるかもしれませんが、正当防衛はどんな時に成立するのか知っていますか?

相手が殴りかかったり攻撃してきたのであれば、暴行罪や傷害罪が成立する事が考えられますが、自分自身も身を守るために殴り返した場合にも暴行罪や傷害罪が成立するので、正当防衛を主張する必要があるのだそうです。

刑法の正当防衛の項目では、防衛のためにやむを得ずやってしまった行為は罰しないと書かれていますが、相手による違法行為で自分が攻撃される危険性が高い状況や、自分や他人を防衛するために行った場合には認められるのだそうです。

攻撃する意思がある場合や条件を満たしていない場合には、正当防衛は認められないという事です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る