記事の詳細

知らなかったが言い訳にならない交通ルールがありますので、違反しないためにも知っておきましょう。

暑い夏になると窓を開けて走行する人も多いかもしれませんが、車の窓を開けたままの状態で駐車するという行為は、他者から車を盗まれる状況を作る事になるため道交法に違反するのだそうです。

夜間の車の運転ではライトの点灯が大切ですが、街中でハイビームを点けっぱなしにした状態で走行すると道交法に違反するので、走行する場所などに応じて切り替えるようにしましょう。

クラクションは使える状況が道交法で定められているため、曲がり角や見通しが悪い交差点、さらには止むを得ない時に使用する事はできますが、お礼のクラクションも違反になる場合があるのだそうです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る