記事の詳細

田舎では、近所の人が自宅に上がり込んで仲良く話し込んだりするという光景があるかもしれませんが、じつは理由なく他人の住居などに居座り続けるのは犯罪なのだそうです。

過去には、飲食店の店員の対応に腹を当てて、数時間も店に居座り続けた会社員が不退去罪で現行犯逮捕された事がありました。

刑法130条の住居侵入等では正当な理由がなく他人の家や店、建造物や船などに侵入して、「帰れ」と言われても退去しなかった場合、3年以下の懲役か10万円以下の罰金に処されるのだそうです。

住居侵入罪は不法に建造物や家などに侵入したら成立する法律ですが、不退去罪は適法に立ち入った場合に限られているのだそうですが、家の中だけでなく庭や塀の中など敷地内に居ても該当するのだそうです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る