記事の詳細

社会で働くのであれば労働法について正しく理解しておく事が大切ですから、意外と知られていない労働法についてご紹介いたします。

古い考えを持つ会社や上司がいると、有給を取得するのも難しい場合があるかもしれませんが、社員の目的を問われる事なくどんな理由であれ有給は取得する事ができるのです。

時給もについては地域によって異なりますが、都内で958円以下なら違法になるので然るべき所に相談しましょう。

6時間以上の勤務をする場合には、必ず労働時間の途中に45分の休憩を入れるという事が労働法で決められているため、6時間以上ずっと働き詰めというのは違法なのです。

退職届を出すタイミングに悩む人も多いかもしれませんが、退職届は会社を辞める2週間前に提出すれば退職できるのだそうです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る