記事の詳細

インターネットショッピングでクーリングオフをすることが出来るのかというお問い合わせは多くあるようなのですが、業者による勧誘がなく消費者自らが購入の意思をもって注文をしますので、クーリングオフをすることが出来なくなっています。

そのため、返品を受け付けないことを明確にされている業者には一方的に返品をすることが出来なくなってしまいます。

業者は返品がかのうかどうか返品できる期間などの条件や返品オ送料などに関する情報を明記しなければなりません。
ですので、ますは返品の条件があるんのかどうかなどを判断することが重要です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る