記事の詳細

近年ではその社員が退職した場合に、不当な残業代を請求されてしまうといったことは多くあるようです。

そして残業代を請求してくる社員の傾向としては在籍したときに評価が低いと判断された社員が多数を占めるということです。

会社ができる対策としては、タイムカードを早く切らせてしまうことをやめる、みなし残業を廃止し、残業をさせてしまったら、その残業代の分をしっかい払うということが重要であるということです。

会社は社員が気持ちよく懸命に責任感を持ち仕事に一生懸命にはたらく事が出来る環境も必要であるとのことです。社員も経営側もモラルをもって仕事をしていくことが重要です。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る