記事の詳細

近所にある所有者の分からない空き家でこのp数年若者が中に入って肝試しをしているとのことで近隣に住むものとして治安の問題もあり、心配とのお問い合わせがあったようです。

おのケースでは軽犯罪法が適用される可能性があり、場合によっては刑法の住居侵入罪が適用されてしまう可能性があるとのことです。
軽犯罪法の第1条に人が住んでおらずかつ監守していない邸宅、建物又は船舶のうちに正当な理由が無く潜んでいたものは拘留又は科料との法があります。

また刑法にも住居侵入等の条文がありますので、場合によっては刑事罰に課せられてしまう可能性があります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る