記事の詳細

後輪にブレーキがついていない競技用自転車を運転していたことによて道路交通法違反(制動装置不良)で摘発されました。こちらの男性は出頭要請を7回無視したことによって逮捕されたとのことです。
出頭要請を無視し続けると警察にはこの人は逃げる可能性があると思われてしまい、逮捕まで行かないようなことでも逮捕されてしまう可能性がありますので、出頭要請には応じたほうが良いでしょう。

道路交通法施工規則には前輪及び後輪を制動すること、乾燥した平坦な舗装道路において制動所速度が10キロであるときにブレーキを書けた場合に3メートルで円滑に停止出来ることが条件になっています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る