記事の詳細

空き家や遺作特別措置法が2015年の5月26日に完全施工となっています。国土交通省は、周辺環境に悪影響を及ぼし、撤去命令などの対象となる特定空き家などの判断基準を示した市町村向けのガイドラインを公表しています。

空き家対策特別措置法について危険な放置空き家について市町村に立ち入り調査の権限を付与しています。特定空き家に認定した場合には所有者に修繕や撤去などの韓国や命令をおこなうことができるほかに最終的に行政代執行により撤去もできるとの規定が有ります。

特定の空き家とは倒壊や著しく保安上危険となる恐れのある状態などのことをいいます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る