記事の詳細

ゴミ屋敷のニュースはここ数年で何件か報道されており、世間の認知度も高くなってきているかと思います。こちらの動画はそんなゴミ屋敷の問題を解説している動画です。

京都市右京区の民家で50代の男性が物を溜め込んでいるゴミ屋敷問題に対して京都市は、私道など屋敷対策条例に基づいて行政代執行で強制撤去しました。強制撤去したごみはごみ袋に換算して167袋、軽トラック5,6台分にもなっています。

ゴミ屋敷を直接的に取り締まる法律はなくいままでは廃棄物処理法や道路交通法で対応してきました。個人の財産権は日本国憲法に規定されて補償されていますので、本人が財産と主張しますと第三者が持ち出すことができなくなっています。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る