記事の詳細

あるサッカー部のコーチが部員に耐して体罰を加えた動画について解説されています。これについて結論から申し上げておきますと暴行罪が成立する行為であると思うという見解でした。

動画の内容としては1人だけ立たされてコーチが怒っているという状態で怒る中で平手で顔を叩いたりしていたりしています。
それがツイッターで投稿や拡散されているといったことになります。

部員にケガはありませんでしたので傷害罪というのは成立しませんが、暴行罪は成立してしまいます。顧問の謝罪ではやる気が無いように見えたので体罰を加えてしまったが、行き過ぎた指導であったということで行き過ぎた指導ということを認めているということになるようです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る