記事の詳細

小額6年の少女12歳をガールズバーで働かせた飲食後湯の男が自動福祉法違反の疑いで逮捕されたといったことがありました。

児童福祉法第4条では自動とは満18歳に満たないものをいいます。児童福祉法第34条では満15歳に満たない児童に酒席に侍する行為を業務させてはいけない3年以下の懲役または100万円以下の罰金に科せられてしまいます。

風営法や労働基準法でも18歳未満の雇用や接客は禁止されています。そのため経営者は18歳未満の疑いがある場合には身分証明書などを確認し、18歳以上であることを確認する必要が有ります。層でない場合にはいきなりの逮捕をしてしまう可能性があります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る