記事の詳細

長年浮気をしていた夫だけでなく、相手の女性に対して何かアクションを打つ九個とは出来ないのでしょうか?

不倫というのは不貞行為に当たり、もちろんそれによって結婚生活が破壊されたということですから、民法の「不法行為による損害賠償請求」に当てはまりますので、相手側の女性に対して慰謝料請求をする事ができます。
「結婚生活が破壊された」ということには、実際に夫婦が離婚するかしないかは関係ありませんので、離婚するしないに関係なく請求が可能です。

慰謝料は心の痛みに対する賠償金になりますから、一般的な基準というのは設けられていませんので、実際には夫婦の事情や不倫期間、悪質さなどが考慮されて決められていきます。
大体の場合ですが、話し合いでの和解が出来た場合では、100万円程度から300万円程度で話がつくことが多いそうです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る