記事の詳細

過払い金請求は司法書士、弁護士どちらにでも依頼することが出来ますが、実際に依頼をする時はどちらの方がいいのでしょうか。

結論から申しますと、弁護士の方がおすすめと言えるでしょう。
司法書士の場合は代理できる権限が限定されてしまい、140万円分までの案件でしか業務を行なうことが出来ません。
過払い金がどの程度あるか分からない場合や、140万円を超えている可能性がある場合は司法書士は扱えないので、最初から弁護士に依頼しておく方がいいでしょう。

140万円を超えない場合、つまり司法書士、弁護士どちらにも依頼できる状況の時でも、弁護士の方に依頼した方が良いと思います。
裁判を起こすことになった時に、140万円以下なら簡易裁判所、地方裁判所どちらでも裁判を起こすことが可能です。
簡易裁判所なら司法書士も代理として出席できますが、小さな事件を扱う裁判所で誰でも出席出来ると言う点から、金融会社は平社員を出席させれば良いことにもなってしまうのです。
一方で地方裁判所で裁判を行うと、会社の代表者が出席しなければなりませんし、弁護士を立て無ければならないので、消費者金融会社にとって地方裁判所で裁判を起こされるのは避けたいと考えます。
そうした無駄な費用を避けるため、地方裁判所で訴訟をすると、有利な和解案にも応じてくれる可能性が高いのです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る