記事の詳細

労働時間といわれるのは労働者にとって非常に重要な要素の1つで、1日何時間自分が働いたのか、所定労働時間を超えれば帰宅しても良いですし、所定労働時間以上働くのならその分の手当を貰うことになります。

では具体的に労働時間はどういう時間のことをいうのかというと、裁判所や労基法上では「労働者が使用者の指揮命令の下に置かれている時間」と定義づけています。
例えば作業はしていないけれども待機をしている時間は、仕事はしていませんが労働者が自由に時間を使える状況ではなく、使用者が作業開始命令をしたらすぐに作業を開始しなければいけない状態ですので、労働時間に含まれます。
また、休憩中であっても、電話番をしていたり、来客があれば応対しなければならないという状態であるのなら、実際に電話や来客が無くても労働時間になるのです。

他にも始業前のミーティングなどは参加が強制されている、つまり参加しないと遅刻扱いになったり評価を著しく下げるというような労働者にとって不利益なことがあるのなら、それは労働時間としてカウントされます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る