記事の詳細

バイクのエンジン音や子供の声、走り回る音、中にはカエルの鳴き声というように、人によって騒音と感じるもの、感じないものがあるのが騒音トラブルの大きな特徴でもあります。

またその騒音に対する対応でも問題のある場合があり、例えば隣の部屋が五月蝿いから壁を叩いたら更なるトラブルになった、という事例も珍しくありません。
対応を間違えてしまうと最悪の場合には、ただの騒音トラブルから発展した殺人や放火も起こってしまう可能性があるのです。

ではどう対応すれば良いのかと言うと、マンションの場合にはマンションの管理会社や管理組合に相談し、まずは第三者から注意を入れてもらうのがいいでしょう。
賃貸者契約、管理規約に迷惑行為の防止を義務付けていることが殆どですので、気にせずに相談してください。

それでも改善が見られない場合には、弁護士に相談するというのも1つの手になります。
弁護士に相談すると「内容証明郵便」を送ってもらい、「調停」の申し立て、更に解決しなければ「訴訟」での解決をはかることになります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る