記事の詳細

インターネット上に友達や知人、更には嫌いな有名人などの悪い情報を勝手にネットで載せるのは罪にあたる可能性があります。
本人の許可無く他人のプライベートをネット上に書いたり、写真をアップしたりするのは、当たり前ですがやってはいけない行為なのです。

軽い気持ちでこうした悪口や悪い情報をネットに載せてしまうとそれが拡散されてしまった時に、勝手に情報を載せられた人が日常生活に支障を生じてしまう可能性があり、プライバシー侵害として訴えられてしまってもおかしくありません。
更に損害賠償を請求される場合、被害の程度にもよりますが300万円以上の損害賠償になってしまうことも珍しくありませんので、軽い気持ちで他人の情報を載せてしまわないようにしましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る