記事の詳細

メールマガジン、即ちメルマガを発行する際に関係する法律として第一に特定電子メール法が挙げられます。

もちろんメルマガを送る為には予め相手から送ることに対する同意を得なければなりません。
しかし一部例外もありますので、今回はその例外の点についてご紹介致します。

まずチラシや名刺などの紙媒体でメールアドレスを通知した場合には、そのメールアドレスに対してメルマガを送ってもいいとされています。
しかしメルマガは送られた相手のことも考える必要があるので、法律的にはオッケーであったとしても、一言事前に送ってもいいという許可を得ておくと心証がいいですね。

またWebサイトなどでメールアドレスを公開している場合も例外として認められます。
ビジネス上公開しないとだけど、メルマガを送られたくないという場合には、メールアドレスと一緒に広告メールは送らないようにと明記しておくようにしてください。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る