記事の詳細

交通事故にあった場合には賠償金額の小さな場合を除き、基本的には弁護士に相談する方がメリットが多いと言われています。
一方で例に挙げた通り金額の大きくない場合には、弁護士に頼んだら得になるのか損になるのかをよく考えた上で依頼するようにしましょう。

自賠責の等級が大きくなればなるほど得になることも多いので、特に12等級以上になったら弁護士への相談をするようにしてみてください。
交通事故の被害者になった時、弁護士に相談した方が良い理由はお金の得以外にも様々なメリットがあります。

最も大きいメリットは示談交渉の煩わしさが減り、体力的にも精神的にも負担が軽くなるという点です。
交通事故にあった場合にはまず怪我の治療から入り、それが終われば示談交渉に移りますが、示談の相手は保険会社でプロですので、それに太刀打ちしようとする体力や気力をしっかり持たないと損するはめになってしまいます。
そこで弁護士に相談すれば弁護士が保険会社と交渉を行なってくれるので、多く負担を減らせますし、不当に示談金を低くされてしまうということもありません。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る