記事の詳細

ペットのトラブルとして最も多いのはやはり犬に関するトラブルです。
愛犬が人に噛み付いて怪我を負わせてしまったという場合には、民法第718条「動物の占有者等の責任」により、飼い主が損害を賠償する責任を負う事が定められています。

また犬が起こす損害賠償トラブルと聞くと「噛まれた」というようなイメージがありますが、必ずしもそれだけではありません。
一つ事例を挙げると、バイクで走行していた男性が近づいてきた中型犬を避けようとして接触、転倒したことにより怪我を負い、飼い主の女性に対して損害賠償を求めた裁判では、飼い主が管理義務を怠った過失が認められ、およそ1,500万円の支払いを命じました。

こういうように「噛む」こと以外でも愛犬が第三者に与えた損害は飼い主が賠償しなければなりませんので、愛犬の為にも日頃から注意する必要があります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る