Lawnの記事一覧

  • インターネットショッピングでのトラブルについて

    インターネットショッピングでクーリングオフをすることが出来るのかというお問い合わせは多くあるようなのですが、業者による勧誘がなく消費者自らが購入の意思をもって注文をしますので、クーリングオフをすることが出来なくなっています。 そのため、返品を受け付けないことを明確にされてい…

  • ゼロゼロ物件の注意点

    敷金ゼロ、礼金ゼロの物件の注意点について解説をおこなっています。 1つはなぜゼロゼロ物件になったのかということです。まず考えやすいものとしては長期空室なのではないかということが想像できます。若しくは家賃が少し高めなのではないかということも考えられるのではないかと思います。 …

  • 隣家の失火で燃え移ってしまった場合はどうなるのか

    隣の失火が原因となってしまい、親戚の住まいが火災となってしまった場合には日も火元の隣家の住人に対して損害賠償請求をすることが出来るのかといった事例です。 故意や過失によって他人に損害を与えた場合には民法が規定する不法行為に基づく損害賠償責任を負うことになりますが、隣家の失火…

  • 弁護士法人菰田総合法律事務所

    税理士資格、弁護士・社労士資格を取得している総合法律事務署としておお君クライアントのニーズにたいおうすることができます。顧問弁護士兼顧問社労士として企業経営で最も悩んでしまう労務管理など全てをサポートしてくださいます。 九州の中でもトップ食らうsの相続取り扱い件数をもってお…

  • 不当に残業代を請求されてしまう

    近年ではその社員が退職した場合に、不当な残業代を請求されてしまうといったことは多くあるようです。 そして残業代を請求してくる社員の傾向としては在籍したときに評価が低いと判断された社員が多数を占めるということです。 会社ができる対策としては、タイムカードを早く切らせてし…

  • 裁判の費用について

    こちらの動画は動画の主である立花さんが原告の方と協力し、裁判をした際の動画で、裁判を使用か悩んでいらっしゃる方に裁判はもっと気軽にできるということを解説されています。 動画の事例の場合には50万円を請求した訴訟ですので、5000円ほどの費用で裁判をすることが出来たようです。…

  • 心霊スポットの肝試しは犯罪になる可能性がある

    近所にある所有者の分からない空き家でこのp数年若者が中に入って肝試しをしているとのことで近隣に住むものとして治安の問題もあり、心配とのお問い合わせがあったようです。 おのケースでは軽犯罪法が適用される可能性があり、場合によっては刑法の住居侵入罪が適用されてしまう可能性がある…

  • ブレーキなし自転車で初逮捕された事案

    後輪にブレーキがついていない競技用自転車を運転していたことによて道路交通法違反(制動装置不良)で摘発されました。こちらの男性は出頭要請を7回無視したことによって逮捕されたとのことです。 出頭要請を無視し続けると警察にはこの人は逃げる可能性があると思われてしまい、逮捕まで行かない…

  • 空き家を放置した場合の法律

    空き家や遺作特別措置法が2015年の5月26日に完全施工となっています。国土交通省は、周辺環境に悪影響を及ぼし、撤去命令などの対象となる特定空き家などの判断基準を示した市町村向けのガイドラインを公表しています。 空き家対策特別措置法について危険な放置空き家について市町村に立…

  • ゴミ屋敷が強制撤去

    ゴミ屋敷のニュースはここ数年で何件か報道されており、世間の認知度も高くなってきているかと思います。こちらの動画はそんなゴミ屋敷の問題を解説している動画です。 京都市右京区の民家で50代の男性が物を溜め込んでいるゴミ屋敷問題に対して京都市は、私道など屋敷対策条例に基づいて行政…

最近のコメント

    ページ上部へ戻る