Lawnの記事一覧

  • 意外と知らなかった?労働法を知っておこう

    社会で働くのであれば労働法について正しく理解しておく事が大切ですから、意外と知られていない労働法についてご紹介いたします。 古い考えを持つ会社や上司がいると、有給を取得するのも難しい場合があるかもしれませんが、社員の目的を問われる事なくどんな理由であれ有給は取得する事ができ…

  • 他人の住居に居座り続けたら罪に問われる?

    田舎では、近所の人が自宅に上がり込んで仲良く話し込んだりするという光景があるかもしれませんが、じつは理由なく他人の住居などに居座り続けるのは犯罪なのだそうです。 過去には、飲食店の店員の対応に腹を当てて、数時間も店に居座り続けた会社員が不退去罪で現行犯逮捕された事がありまし…

  • 意外とやってしまっている違法行為とは?

    意外と知られていないため、やってしまうと実は軽犯罪という行為がありますのでご紹介いたします。 電車に乗るために並んでいたら割り込みされたという経験のある方もいるかもしれませんが、割り込み行為は軽犯罪として罰金や拘留になる可能性が高いのです。 道端で唾を吐く人を見かけた…

  • インターネットショッピングでのトラブルについて

    インターネットショッピングでクーリングオフをすることが出来るのかというお問い合わせは多くあるようなのですが、業者による勧誘がなく消費者自らが購入の意思をもって注文をしますので、クーリングオフをすることが出来なくなっています。 そのため、返品を受け付けないことを明確にされてい…

  • ゼロゼロ物件の注意点

    敷金ゼロ、礼金ゼロの物件の注意点について解説をおこなっています。 1つはなぜゼロゼロ物件になったのかということです。まず考えやすいものとしては長期空室なのではないかということが想像できます。若しくは家賃が少し高めなのではないかということも考えられるのではないかと思います。 …

  • 隣家の失火で燃え移ってしまった場合はどうなるのか

    隣の失火が原因となってしまい、親戚の住まいが火災となってしまった場合には日も火元の隣家の住人に対して損害賠償請求をすることが出来るのかといった事例です。 故意や過失によって他人に損害を与えた場合には民法が規定する不法行為に基づく損害賠償責任を負うことになりますが、隣家の失火…

  • 弁護士法人菰田総合法律事務所

    税理士資格、弁護士・社労士資格を取得している総合法律事務署としておお君クライアントのニーズにたいおうすることができます。顧問弁護士兼顧問社労士として企業経営で最も悩んでしまう労務管理など全てをサポートしてくださいます。 九州の中でもトップ食らうsの相続取り扱い件数をもってお…

  • 不当に残業代を請求されてしまう

    近年ではその社員が退職した場合に、不当な残業代を請求されてしまうといったことは多くあるようです。 そして残業代を請求してくる社員の傾向としては在籍したときに評価が低いと判断された社員が多数を占めるということです。 会社ができる対策としては、タイムカードを早く切らせてし…

  • 裁判の費用について

    こちらの動画は動画の主である立花さんが原告の方と協力し、裁判をした際の動画で、裁判を使用か悩んでいらっしゃる方に裁判はもっと気軽にできるということを解説されています。 動画の事例の場合には50万円を請求した訴訟ですので、5000円ほどの費用で裁判をすることが出来たようです。…

  • 心霊スポットの肝試しは犯罪になる可能性がある

    近所にある所有者の分からない空き家でこのp数年若者が中に入って肝試しをしているとのことで近隣に住むものとして治安の問題もあり、心配とのお問い合わせがあったようです。 おのケースでは軽犯罪法が適用される可能性があり、場合によっては刑法の住居侵入罪が適用されてしまう可能性がある…

最近のコメント

    ページ上部へ戻る